固形墨(練習用・清書用・作品用・かな用・写経用・大和雅墨・画墨・朱墨・添加墨.etc)

拓本の歴史と種類

拓本は中国で始まり、朝鮮、日本などに広まった東洋独特のコピー手法です。中国では唐の時代より既に拓本から版木を作り、また石に刻したりして、多くの法帖と呼ばれる印刷物を仕立て上げて、書の研究や文字の練習に用いていました。碑の文字は直筆同様の風格を持っていますので、そのコピーである拓本も尊重されています。日本に拓本技術が来たのは江戸時代で、古くから碑などの現物が珍重され、拓本をあまり重んじない傾向があり、碑も少なかったので、あまり流行しなかったと言われています。拓本には乾拓と湿拓の2種類があります。乾拓は乾いた紙を目的物に当て、釣鐘墨などでこするようにして写し取る方法です。湿拓は和紙を目的物の上に当てて、水で湿らせながら文字や紋様に張り付け、紙が生乾きの間に、油墨などを浸み込ませたタンポで叩くようにして写し取る方法です。いずれにしても、目的物に直接墨をつけるのではなく、間接的に紙を当てた上から墨で写すものです。

拓本を取るためのご注意

●碑や石仏の所有者に採拓の許可を必ず得る。 ●被拓物を絶対に汚さない。 ●強い力で抑えたり、たたいたりして被拓物を傷付けない。 ●ゴミや土などを取り除く場合は最新の注意を図り、コケや自然な変色は洗い落とさない。 ●周りの環境にも気を配る。(周囲の草木や石までも配慮) ●採拓時に他の人にも配慮すること。 ●採拓後は、採る前の状態に戻すことが当然であることを強く認識すること。 ●採り終えた際は所有者にあいさつと、破損や汚れた場合の報告を必ず行うこと。

拓本墨・拓本用紙・ブラシ・タンポ・拓本セット

拓本墨

拓本用拓象(たくほんようたくしょう)

湿拓用にぴったり、鮮やかな黒が作品を引き立てます

拓本用拓象
品名 規格 製品寸法(前) 外寸  
拓本用拓象 黒 缶入 94丸×31 紙箱  

◆拓本には乾拓と湿拓があります。「拓象」は油性タイプで乾湿両用に使用できますが、特に湿拓に最適です。紙の水分が多目で採拓してもにじまず鮮明な拓本ができあがります。にじまず、色むらなく拓せ、初心者から専門家まで幅広くお使いいただけます。乾拓用には蝋で固めた釣鐘墨をお使いください。彩拓には干彩・顔彩をご使用ください。

拓象補充液 黒(たくしょうほじゅうえき くろ)

湿拓用にぴったり、鮮やかな黒が作品を引き立てます

拓象補充液
品名 規格 製品寸法(前) 外寸  
拓象補充液 黒 60g 46×30×144 紙箱  

◆拓本には乾拓と湿拓があります。「拓象」は油性タイプで乾湿両用に使用できますが、特に湿拓に最適です。紙の水分が多目で採拓してもにじまず鮮明な拓本ができあがります。にじまず、色むらなく拓せ、初心者から専門家まで幅広くお使いいただけます。乾拓用には蝋で固めた釣鐘墨をお使いください。彩拓には干彩・顔彩をご使用ください。

乾拓用釣鐘墨(かんたくようつりがねずみ)

乾拓用の固形墨です

拓本用拓象
品名 規格 製品寸法(前) 外寸  
乾拓用釣鐘墨   42×50×13 PP袋  

◆ロウでできた乾拓用の墨です。乾拓は乾いた紙のまま採拓する方法を言います。子供の頃、硬貨などの上に紙をのせ、鉛筆で形を写し取った経験を持つ人が多くおられますが、この方法は乾拓のひとつです。水を使つてはいけないときや、急いでるとき、壊れやすいものなどを採拓する際によく使われる方法です。

拓本用紙

拓本用紙拓象薄手A(たくほんようしたくしょううすてA)

拓本用に開発した破れにくい紙です

大玄
品名 規格 製品寸法(前) 外寸  
拓本用紙拓象薄手A 全紙4枚 680×1370 紙箱  

◆拓本専用に開発しました。薄手紙で拓象の陰影がくっきり写せます。
水を湿らしてブラシでたたいても破れにくく、墨色がはっきり浮かび上がります。

漢字清書用墨

拓本用ブラシ/拓本用タンポ(たくほんようぶらし/たんぽ)

取っ手付きの高品質なタンポ

大玄
品名 規格 製品寸法(前) 外寸  
拓本用ブラシ 馬毛 50×225×40 PP袋  
拓本用タンポ 2個入 45丸×80 PP袋  

◆拓本用ブラシ:拓本専用に開発しました専用ブラシです。
馬毛製で湿拓の際には用紙を被拓物に精密に密着させる事が可能です。

◆拓本用タンポ:中綿は弾力性が有り、細かな凹凸もリアルにフォローしします。
外布は正絹仕様で墨当たりも柔らかです。持ちやすい取っ手部付きで、
しっかり握れます。(2個入り)

拓本セット・出版物

はじめての拓本用具セット(はじめてのたくほんようぐセット)

すぐ始められる拓本セットと拓本の解説本

すぐ始められる拓本セットと拓本の解説本

品名 製品寸法(前) 外装  
はじめての拓本用具セット 318×256×50 PP袋  

◆本格的な拓本がすぐにはじめられる拓本セットです。
練習用の版木と、別売の教書本も付属!セット以外は霧吹きと水を用意するだけ!
拓本採取に便利なプラスチックケース付です。

<セット内容>
・拓本用拓象(缶入) 1個
・拓本用ブラシ(馬毛) 1個
・拓本用タンポ(φ45丸) 2個
・水濡らし用ウエス 1個
・拓本用紙(225×330 1/6半切版) 12枚
・裏打ち紙(243×334 半紙版) 10枚
・拓本用練習版木(図柄は指定不可 180×200×5) 1枚
・教書本(拓本) 1冊
・プラスチックケース(PPケース 318×256×50) 1個
<別売り単品ページ>
拓象補充液(60g)
拓本用タンポ(2個セット)
拓本用ブラシ
拓本用紙 拓象薄手A(全紙 690×1360 4枚)
裏打ち用紙

※家庭用のアイロンで簡単に本格的な裏打ちができます。裏打ちのコツは、拓本作品より少し大きめに裏打ちをして頂き、周囲を切って作品に仕上げてください。

教書本(拓本)(きょうしょほん たくほん)

作品例も多く、見て楽しむことができる教書

教書本(拓本)
品名 製品寸法(前) 外装  
教書本(拓本) 128×182×2 PP袋  

◆拓本の心から、拓本の歴史、種類、拓本の心得、用具、採り方の基礎編、野外編、 と順を追った説明で初心者に最適です。作品例も多く、見て楽しむことができる教書/技法本です。(監修:内田弘慈先生)(全24p/B6サイズ)

奈良物語を安心してお使い頂く為に、最新版のブラウザを推奨致します。

ページTOPへ
Copyright© 2009- naramonogatari All Right Reserved.