蚊帳について

奈良の衣 奈良の維

上代より江戸時代まで、奈良は麻布の産地として全国的に知られ、江戸時代中期まではほとんどその市場を独占していました。 明治維新以降は衣服の生活が変わり、着物から洋服へと移る中、麻布の織屋が蚊帳織物を産するようになりました。 その昔は夏になれば蚊帳を張って寝ていましたが、生活様式の変化に伴い、蚊帳を吊った風景を見 かけることはほとんどなくなってしまいましたが、現在でも壁紙の資材や、ふきんなどの需要が多く今でも奈良には織り屋が多く存在しています。 井上企画・幡では綿の蚊帳地や麻糸との交織の物など天然素材を生かしたホームウェアや、台所用品、タオル類など多彩な彩りで展開しています。 また蚊帳の中でも特殊な二重織りを独自に開発した新しいシリーズ「narai」など、多数展開しています。

奈良物語を安心してお使い頂く為に、最新版のブラウザを推奨致します。

ページTOPへ
Copyright© 2009- naramonogatari All Right Reserved.